読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月8日

晴れ。空気が少し濁って見える。

桜の花が外見はほとんど変わらないのに冬枯れから春先の蕾を蓄えた気色に変わっていた。


午前中に、昨日図にした通りに木材に印を打ち、バカ穴を開けようとしたらインパクトドライバのバッテリーが寿命だったみたいで動かない。義祖父さんの手回しドリルを持って行ってて正解。景気良くゴリゴリと穿って行くも、50コ以上の穴を開けるのは結構な労働だった。文明の利器、恐るべし!


午後から南ちゃんと約束していたので、裕子さんと三人でお茶をする。二人でデザインの話ができたみたいで良かった。南ちゃんの載ったフリーペーパーを見せてもらって、僕も早くなんとかしたいな、と思うが人がどうこうじゃないのでその衝動を内におさめて、静かに動く力に転化する。

そういえば、昔オナニーしながら、この性衝動を別の方向に向かわせることができればいいんじゃないのかな、と思ったことを思い出した。むろん、無理だった。

そのまま駱駝屋で肉をご馳走になる。嬉しい話を聞く。

その後、まるけの皆に誘われて、どえらい久しぶりにキャンバスに行ってオムニライブを聞く。まだ、あの通信が貼ってあった。恥ずかしい。皆で飲む。あやちゃんと物件の話。


沢山の人が僕のために物件の話を持って来てくれた。中には店をいつか僕に譲りたいと思ってた、と言ってくれた人もいた。僕になら自由にここを使って欲しいと言ってくれた人までいた。そこを借りられないことが申し訳なく思ったりもしたけれど、そうではなくて僕が目指すことを忘れずやっていくことが、その人たちの気持ちに応えることでもあるはずだと思い直して、頭を下げて自分の方向を探すのだ。なんだか荷が重くなっちゃったなぁ、とも思いながらその重さがまた背中を押すのだから、その勢いをもらいに、また人に会ったりする。

二人とはいえ、家族を続けるのも含めた方法を模索する。ちょっと前の僕からは考えつかない変化である。


帰ったら3時で、眠過ぎた。朝方に戻ってる!