読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/28

朝起きて、ふと気付いた。

現首相が目指しているところは、国際社会での日本の地位を取り戻すことだけなんじゃないか。いまや、アジア諸国の発展は日本の比ではないし、中国や韓国がこれまで日本が自負していたアジアいちの座に収まってる。そこへの劣等感とプライドに突き動かされてるだけのように見える。

今や日本は内輪だけの盛り上がりで内向きのイタイ奴みたいな印象だった(クールじゃぱんの「クール」も、グローバリズムが指すところも異文化との交流、切磋琢磨なんてものじゃなく、自国文化の営業をしてるだけにしか見えない)。でも経済復興を目指す首相の目線は国内ではなく、国外じゃないのか。原発も、国防も、増税も九州の大震災にたいする態度も、そうやってみると、納得できてしまった。なっちゃんは、大企業の思惑に従ってる、と言ってた。が、多分そうじゃなくて、たまたま手段が彼らの目的に合致してるからに過ぎない気がする。本人がそうかどうかはわかんないけど、今の政府って、僕には相当したたかに見える。


苫米地英人が、いま国防に費やしてる金をぜんぶ、カロリーメイトとか保存できる栄養食に替えて、飢餓に苦しむ国に持っていく費用にも当ててばら撒いたらいい。そんなことをしてくれる国に誰が争いを望むか、余程国防になる。と言ってた。

日本が本当に内向きなら、いまみたいにはなってないだろう。僕が思う自立なら、本当に独立独歩を旨としてすすむのなら、僕なら何をするだろう。やっぱ、食べるものだ。まず生きること。

血流が滞ると身体は悪くなる。税金は極力やめちゃって、蓄えるよりも使えるようにしてあげる。どう使うか。それは、ホドロフスキーが「リアリティのダンス」の冒頭で言ってることだ。銀行の入り口の庇にあの文言を刻むのだ。

なんてことを、起き抜けの布団の中でぼんやり考える。


あー、とにかくやらなければ。自分が変わることが一番だ。選挙にいけば社会が変わるなんてのは幻想だ。人が変わっても、組織が、構造が再びその人を同じ匿名のものに変えるだろう。だいたい、自分では今の自分を変えようとしないで、お前は社会を変えろ!というは、なんか鏡に向かって叫んでいるように見えないか?

自分のことを思い返してみて、人はそんなに頑張ってばかりいられるようにはできてない。そもそも楽したいのが人間じゃないのか、と思うのだが。政治家も、サラリーマンも、僕も、たいして変わらない人間じゃないのだろうか。僕が惹かれるのは、そこから外れている人たち。


ということで、頑張って起きる。一日のなかで、そこだけ変える。他は、どうでもいい。でも、一個変えると他も変わる。習慣を変えること。そして!焙煎に行くのだった。