読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月4日

快晴。


山川さんと待ち合わせて、篠山紀信を観に松本まで。しょっぱなから蒼井優がいて、うひゃーっとなる。が、常設の草間彌生にほとんど持っていかれてしまい、特に水玉や同形の線の反復が描かれる(この水玉も実際のところはもともと円があったのではなくって、鉛筆や筆で丸を描いたところからはじまったんじゃないかな、ということに気付いた。だからなんなのかしらんが。塗りつぶされた円より丸のほうに目がいくのは何故か。)それより以前の絵画作品が観れてよかった。よく統合失調症をクローズアップされてたりしていた気がするけれど、そうだとして、やっぱり芸術に昇華されている、と感じた。どこにそう感じているのか。ペンで描かれたのと、形が散りばめられたものよりずっと、絵の具で丸をたくさん描いていくものに惹かれている。エミリー・ウングワレーを思い出したりする。で、じいっと観ていると驚いたことに、ほとんど絵が動かなかった。


僕のなかで目当てだったつばくろは臨時休業。パルコの前の公園でワインマーケット?みたいなんがやっていて、ジャズの生演奏つきで美味しそうな匂いに引っ張られて、昼間っからワインを一本空ける。気持ちいい心地。僕は水しか飲んでないが。悔しいのでその水と一緒に売っていたマスカットを齧って、皮ごと食べた。

帰りに自家焙煎の店を一軒まわり、豆を購入して帰る。不思議だなぁと思うのだが、美味しいコーヒーが飲みたい。自分ができるようになりたいのは勿論あるが、でなくてもとにかく美味しいコーヒーに出会えれば。とも思っているふうなのだ。絶対に悔しいだろうが同時に間違いなく嬉しくなる。多分、そのあと真似る。

タイヤがツルツルのせいか、やばいくらいに車が揺れて帰ってくる。