読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月2日

曇り。


起きて、本当に久しぶりに湯舟に浸かって、片付けをはじめたら修理業者から電話がきて店に行った。悪いのは僕じゃない、とどうもその人は言い続けていて、ぼくはそのとおりだからそんな言い訳しなくて大丈夫ですよ。と思っていた。

帰って本棚を組み立てて、本を立てたはじめた。カーテンをつけた。窓を開けて本棚を組み立てていると、陽が落ちはじめていた外では色んな鳥が、語り合うように皆で一緒に囀っているのが聞こえてきた。本当に、ここだけ鳥の声がこんなにする、と他のところなど知らないけれど確かにそうだ、と思った。カマキリが葉っぱの上で枯れていた。

引越しと仕事で全然本が読めなくて、かわりに考えたりしている。


2〜3日前、田島さんが「もう35になってしまう」と言うので、僕は「それは社会の陰謀です」と言い、「そうかもしれない」と2人で話した。本当にそうだと思う。