読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月22日

晴れ。雨が降っているような晴れた天気。


赤石山脈の上に被さるようにして浮かんだ入道雲みたいな雲は、入道雲が島鉄雄の右腕のように内側からモコモコと膨らむように膨らんでいるようには見えなかった、とても密度が低くて風が吹くと流されていきそうな雲だった。事実、西からの風に雲の表面は荒く細かく千切れていた。


昼に起きて、午後じゅう草むしりをした。ミミズやダンゴムシや蝶やコオロギや蟷螂や亀虫や蜘蛛や他の名も知らぬ虫がこの狭いスペースにひしめいていて、泣けてきた。山になった草葉の塊に新たに抜いた草を投げつけた。僕らは、なんて阿呆だ。


空手にいって帰ると、ケチャップを焼き付けるナポリタンを拵えて食べた。

携帯で、『海の上のピアニスト』を観た。ジョゼッペ・トルナトーレが撮りそうな映画だった。ティム・ロスの顔がかっこよかった。部屋の本をダンボール箱に詰め、眠る。

そういえば、桜並木の桜は木の上部が葉っぱが紅葉をはじめた。